2018.03.08

リノベーションを考えた物件選び -浴室編-

リノベーションを考えてマンションの物件を選ぶとき、どんな物件が最適なの?と悩んでしまいますよね。物件をえらんでリノベーションの相談に行ったら「これはできません」といわれることも…。そんなことにならないように、物件選びのポイントについて紹介します。今回はマンションの浴室編です。

浴室の基礎知識

物件選びの前にまずは浴室リフォーム・リノベーションの基礎知識を説明します。

どんなリノベーションができるの?

浴室のリノベーションを考えたときに選択しは主に2種類存在します。

▪システムバス

リノベーション ユニットバス
メーカーが工場でパーツを作成し組み立てるため、費用を安く抑えることが可能です。また、最近のシステムバスは多機能なものも多く、お手入れ面でも優れているのでお勧めです。メーカーやシステムバスのグレードによってパネルの色なども選べるので、個性を出すことも可能です。

▪在来工法

在来浴室 リノベーション
浴室のデザインにこだわりたい、既製品はいやだという方は在来工法を選びましょう。タイルやコンクリート・パネルを選んで仕上げ材として用いた在来工法はオリジナルの浴室を作ることができます。ただし、メーカーが出しているシステムバスに比べて、水漏れの可能性が高くなったり、既存の建物の構造によっては施工費が割高になったり、施工ができなかったりすることを覚えておいてください。また、一定期間で再度リフォームやリノベーションが必要になってきたり、タイルを使う場合には目地に汚れが付着したりなどといった衛生面でもケアが大変になる場合もあります。デザインができるというメリットの反面、デメリットが多いのも特徴です。

施工期間はどれくらい?

マンションの場合、浴室のリノベーション期間は5日~が目安になります(システムバス~システムバス)。システムバスの入れ替えのみですと工期短縮することも可能ですが、配管の兼ね合いやシステムバス以外の付帯工事を考えると5日を目安に考えておくのがよいでしょう。
在来の場合、工事の時期や材料によって期間が変わってきます。システムバスへの入れ替え工事よりは確実に工期が伸びますので、在来工法でのリノベーションを検討されている方は、業者に確認をとりましょう。

物件選びのポイント

基礎知識を頭に入れたところでいよいよ浴室リノベーションの物件選びのポイントを紹介します。

位置変更はできないものと考える。

マンション物件の購入を考えている場合、浴室の位置変更できないと考えましょう。リノベーションするんだから位置変更できるでしょうと思いがちですが、実際問題は位置変更は難しくなります。
その理由としては、

▪マンションの規約によっては位置変更を認められていない

マンションの規約には施工範囲について記載されている項目があります。ここに水廻りの位置変更の禁止といった記載があると位置変更はできません。知らずに工事をした場合、復旧を求められることもあるので注意しましょう。

マンションの規約について知りたい方はリノベーションの注意点をまとめの規約に注意してリノベーションしようをご覧ください。

▪配管の勾配が取れない

浴室では水を使いますよね。水は高いところから低いところに流れていくというのは常識ですが、お風呂の排水口につながっている配管にも勾配が付けられています。つまり、共用部の排水管とつながる部分よりも高い位置を保って配管を延ばさなくてはいけません。配管は床下にあるので、移動距離が延びれば延びるほど床の高さが上がってくることがわかりますね。システムバスの高さも決まっていますし、勾配を無視すると詰まりや悪臭の原因になります。また換気扇のダクトも絡んでくるため、これらが間取りを変更を安易にできない理由となります。

以上が位置変更ができない理由となります。自分ではわからないという場合には業者に相談することをお勧めします。また、浴室には窓がほしいという要望をお持ちの方は特に注意が必要です。

マンション用のシステムバス

メーカーのショールームを見ていて、いいなと思っている浴室がある場合、ちょっとまった!もしかすると戸建て用のシステムバスかもしれません。システムバスには戸建て用と集合住宅用の2種類があります。見た目に関してはそれぞれに近いものも存在しますが、まったく同じとはいかないので注意が必要です。

広さをチェック

マンションで一般的な浴室の広さは1416と呼ばれる幅1.4m、奥行き1.6mのサイズです。戸建てで使われる1616サイズよりも少し小さめとなっています。もし、戸建てぐらいの広さのお風呂がいいという場合には、マンションの広さも考慮して全体のプランニングが必要になってくるので注意しましょう。

まとめ

リノベーションを考えた物件選びの浴室編について記述いたしましたが、いかがでしたか?
物件選びの参考になればと書かせていただきました。
リノベーションの仕方は物件によって最適な方法が選択されます。必ずしも今回書かせていただいた内容と合致するとは限りませんので、実際に工事まで移る際には専門の業者に相談することをお勧めしています。
また、物件を実際に探しているという方は,365リノベでも物件を販売しております。興味がある方はまずは内覧をお勧めしておりますので、ご検討ください。物件の詳細は中古マンション物件情報から

仙台でリノベーションするなら

仙台でリノベーションをお考えの方、物件だけでなくリノベーションの相談も承っております。365リノベは「365日いつだって私らしい暮らし」をテーマに家具付きの定額リノベーションを提供しています。物件探しも承っておりますので、お気軽に相談ください。仙台のリノベーションは365リノベ

関連記事

 
リノベーション進行中
仙台市のモデルルームをみる
モデルルーム見学随時受付中!
宮城県仙台市若林区清水小路

インダストリアルテイストのモデルルーム誕生!

モデルルームの見学予約はこちら

365リノベにインダストリアルテイストのモデルルーム誕生!

モデルルームの見学予約はこちら