2018.06.14

カーテンを主役に。

こんにちは、宮城野ショールームの菅原美寿紀です。

カーテンにはたくさんの色や柄、生地がありますよね。

一つの部屋に対して、窓が占める割合って意外と大きかったりして目に留まるので、

カーテンがお部屋の雰囲気を左右するということも多いと思うんです。

だからこそ、カーテンにはこだわりたい!と思ってらっしゃる方も多いはず。

この写真は、ACTUSのFABRICIAというカーテンを入れさせていただいた現場です。

パターンが特徴的で、和らぎや優しさを与えることをコンセプトに

デザインされているカーテンです。

レースに使用しているカーテンは、光を柔らかく取り込み、

お部屋の中を優しく包むような感覚にしてくれます。

ドレープの方はスクエアのパターンが並んでいますが、

明るいグレーをベースにスクエアの中がレースに

なっているので、窓側のレースから漏れ出た明かりをそこから取り込み、

光の強弱でより素敵な空間を演出しています。

写真の現場のお施主様もこのカーテンを気に入っていただき、

カーテンを中心にインテリアや内装の色味を決めていきました。

まさにカーテンが主役の現場でした。

カーテンを単なる目隠しとは考えず、光の強弱やデザインの一部として考えながら、

お部屋のテイストを考えるとより素敵な空間になると思います!

ぜひ参考にしてくださいね。

リノベーションのノウハウ本を無料ダウンロード

メールマガジン登録

中古マンション×リノベーション基礎情報が届く!成功に近づくリノベーションのメールマガジン配信申請はこちらから

名前

メールアドレス