2018.07.03

リノベーションの物件購入 仲介手数料いくらかかる?

リノベーション 物件購入 仲介手数料
物件を購入してリノベーションをしようと考えたとき、物件購入にかかるお金は、物件価格だけではありません。不動産会社に支払う仲介手数料や、ローンを借りるなら銀行の手数料がかかります。

この仲介手数料を頭に入れておかないと、「え?そんなにかかるの?」という事態に遭遇するかもしれません。そうならないためにも、この記事では仲介手数料について解説しておきます。
リノベーションを考えて物件購入を仕様としている方、ぜひご覧ください。

そもそも仲介手数料って?

仲介手数料について解説する第一歩として仲介手数料について説明いたします。
仲介手数料とはその名の通り、仲介を行った仲介業者に対して支払うお金のことを言います。

たとえばあなたが、中古物件を購入したいと考えています。不動産会社に相談に行くと不動産会社は物件をさがしてくれます。仮に探してもらった物件を気に入り購入に至った場合、探してもらった費用として仲介手数料を支払います。

ここで物件をさがした会社の動きに注目してみましょう。相談を受けた不動産会社は要望に沿った物件を探します。あなたの気に入った物件が、他社の管理している物件だった場合、相談した不動産会社は価格交渉などを行い、あなたに物件購入ができるようサポートを行います。その対価として支払うのが、仲介手数料です。

これは物件を売る時にも、同じような動きをするため、仲介手数料が発生します。まれに仲介手数料無料といううたう企業が存在します。企業側の利益なく物件紹介をするわけですから、そういった企業はなにか特別な理由があるのかもしれないので注意しましょう。相談に行った際に、無料でラッキーと終わらせずに理由を聞いておくとのちのち安心できます。

仲介手数料っていくらかかるの?

気になるのが仲介手数料の費用ですよね。実は仲介手数料は法律で上限が決められているのです。

物件が200万以下の場合

仲介手数料の上限・・・物件価格×5% + 消費税

物件が200万~400万の場合

仲介手数料の上限・・・物件価格×4% + 消費税

物件が400万~の場合

仲介手数料の上限・・・物件価格×3% + 消費税

仲介手数料は計算可能

上記のように物件価格はご自身で計算することが可能です。例えば仙台でリノベーションを考えて物件を購入する際に、中古マンションの相場は400万を切ることはないので、必然的に、

物件価格×3%+消費税

となります。

仲介手数料いつ支払う?

仲介手数料を支払うタイミングは決まっているわけではなく、不動産会社によって様々です。「契約時に50%、引き渡しに50%の仲介手数料を支払う」または「引き渡し時に全額支払う」のどちらかが、不動産会社の中でも多く見られるようです。
一点注意を上げると、仲介手数料は物件の引き渡しが成立しなけえれば支払う必要はないということだけ覚えておきましょう。万が一キャンセルになったときに支払いがどうなるのかは事前に確認しておくと安心ですね。

仲介手数料についてまとめ

いかがでしたか?仲介手数料について理解が深まったでしょうか?
この記事で覚えておいてほしいことは以下の4つです。

  • ・特別な理由がない限り仲介手数料は発生する(無料の場合は理由を聞こう)
  • ・仲介手数料=物件価格×3%+消費税
  • ・仲介手数料の支払いは引き渡しが成立しなければ支払う必要がない
  • ・仲介手数料の支払いタイミングに決まりはない

仲介手数料は小さな金額ではありません。支払いで不利にならないように、知識を身に着けておく必要があります。
もし、信頼できる仲介業者をお探しの方は、仙台でリノベーションを行う365リノベにご相談ください。もちろん不透明な部分はなく、相談も無料です。業者選びで迷われている方は仙台でリノベーションを行う365リノベにお任せください。リノベーション物件をお探しの方は仙台のリノベーション物件情報をご覧ください。

関連記事

 
リノベーション進行中
仙台市のモデルルームをみる
シンプルモデルルームが仙台にOPEN!
宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡

モデルルームでリノベーションを体感!!

モデルルームの詳細はこちら

モデルルームでリノベーションを体感!!

モデルルームの詳細はこちら