2018.03.29

物件購入・リノベーションするなら知っておきたい「住宅ローンとリフォームローン」

リノベーションを考えたとき、同時に考えなければならないのが資金面。多くの人はローンの借り入れで費用を賄うでしょう。漠然とローンとは思っているけど、どうなんだろうと悩んでいる人も少なくありません。
今回はリノベーションで借り入れができる住宅ローンとリフォームローンについて解説します。

住宅ローンとリフォームローンの違いって?

リノベーションを行う際、借り入れができるローンの種類は二つあります。「住宅ローン」と「リフォームローン」と呼ばれるローンです。まずはこの違いについて説明していきます。この二つのローンはどんな特徴を持っているのでしょうか?

住宅ローン リフォームローン
借り入れ可能金額 上限5000万~ 約500万~1000万
借入期間 最長35年 15年
金利 1%~2% 2%~5%
団信加入 必須 無し
抵当権 必須 不要

比較すると金利の安い住宅ローンがいいなと感じますよね。では具体的にそれぞれについて解説していきます。

住宅ローンのメリット・デメリット


借入期間と金額がリフォームローンよりも優れている住宅ローンだと月の返済も抑えられるので、計画が立てやすいですね。また、固定金利・変動金利の選択型のローンやフラット35のよう全期間固定型のローンなど、選択の幅が広くあるので、自身の仕事や年齢に合わせて選べるというのはメリットではないでしょうか。
反対にデメリットを上げるとするとお金を借りれるまでの審査機関が長いということです。これは金額が大きいため抵当権などを設定しなければいけないからです。抵当権とは担保を設定ことです。支払いが滞ったときに家や土地を担保にいれることで金融機関側の保険となります。
また、上記表に団信という文字があると思います。これは団体信用保険のことで、契約者がなくなってしまったまたは、高度の障害になったときに生命保険会社が返済を肩代わりしてくれる保険制度です。保険料は金利の中に含まれるので、追加で払うことはありません。別途諸経費が発生するのであらかじめ金融機関への確認は忘れないようにしましょう。

リフォームローンのメリット・デメリット

審査機関が短く、書類も少ないのがリフォームローンのメリットです。これは無担保で借り入れができること、団信に加入しないことから期間が短くなります。約二週間で審査結果が出るので、すぐに借り入れをしたいと考えている方におススメです。
ただし、借入期間が短いことと金利が高いことから月々の返済額は住宅ローンに比べて増加します。

住宅ローンでリノベーションできる?

リノベーションするから住宅ローンを借りれるかというとそうではありません。必要な条件があります。

住宅ローンでリノベーションできる条件

  • ・現在の住まいに住宅ローンが残っている
  • ・物件購入をしてリノベーションする

上記のどちらかを満たしている必要があります。これは一体型の住宅ローンによるものです。中古住宅購入+リノベーションだけでなく、現在住んでいる家のリノベーションをする際にも利用できます。ただし返済機関が増えるというわけではなく借り換えによるものです。
もし、ローン返済が住んでいないけどリフォーム・リノベーションを検討している方は、一度相談してみるのをお勧めします。

まとめ

住宅ローンとリフォームローンの違いについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?ローンで検討している場合でも審査に通してみたら借りれなかったということもあります。ローンは借りれる元の考えず、まず先に事前審査をしてみることをお勧めします。

仙台でリノベーションを考えている方

仙台でリノベーションしたいという方仙台でリノベーションするなら365リノベに相談してみませんか?リノベーションだけでなく、物件探し、ローン相談、インテリアまで相談できます。一店舗ですべてのサービスが受けられるワンストップを展開しています。相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。
また、物件を探している方は仙台のリノベーション済みおススメ中古物件をご覧ください。

関連記事

 
リノベーション進行中
仙台市のモデルルームをみる
シンプルモデルルームが仙台にOPEN!
宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡

モデルルームでリノベーションを体感!!

モデルルームの詳細はこちら

モデルルームでリノベーションを体感!!

モデルルームの詳細はこちら