リノベーション事例Renovation Case

#21

家族を感じるインダストリアルカフェ

宮城県仙台市 S様
住居者構成:家族(大人2人 子供1人)
Taste / INDUSTRIAL

リノベーションやインテリアに強いご興味を持たれていたS様。ご家族が増えることをきっかけに賃貸から住み替えをご検討されていた時、目を引いたのが「365リノベ」でした。
マンションという限られた空間や制約がある中で、いかに広く心地良く生活ができるかがリノベーションする上で一番のポイントとなりました。

『365リノベとの出会い』

以前住んでいた賃貸住宅はとても手狭で、ご家族が増えるこの機会に住み替えを考えていたS様。物件を探しても中古マンションのキッチンは独立していて閉塞感が強かったり、リビングがカーペットで古い印象があったりとなかなかいい物件には巡り合えませんでした。そんな時に「自分らしい暮らしを叶える」というコンセプトの「365リノベ」と出会いました。特に奥さまはインテリアに強くご興味を抱かれていて、ご結婚前からモデルルームを何件も見学されていました。そしてご結婚というタイミングで、憧れの「365リノベ」を実現していただくことに。S様ご夫婦は、理想の空間のイメージをハッキリ持っていたので、そのイメージに合うよう担当者と何度も打合せを重ねました。

『柔らかさのあるインダストリアル』

「マンションのコンパクトな空間ながらも開放感のある家にしたい。インダストリアルテイストにしたいが、男らしくなりすぎないのが良い。」とのご要望。空間のテイストはぎりぎりまでスロウカフェと悩まれていました。味のあるカフェのような空間で、ずっとそこでくつろげるようなものを望まれていたので武骨で王道のインダストリアルではなく、柔らかさもある雰囲気づくりを意識した空間に仕上げました。床材はホワイトオークからウォールナットへ変化し、それとともに曲線的な壁が空間の広がりや柔らかい印象を与えます。

  • ホワイトオークからウォールナットへ変化する床と曲線的な壁。

  • アイアンで統一されたインテリア。

『空間の使い方』

家族との時間を大切にしたいとの想いから、キッチンスペースに段差を付けました。キッチンスペースを一段上げることで奥様が家事をされている時の目線が上がり、LDK全体が見えるため疎外感がありません。
また印象的なカウンターチェアや少し男らしさのあるソファなどのインテリアでアイポイントを複数作ることで、狭い空間に意識が向かないようにしています。玄関に面するシュークロークも、あえて扉はつけずアーチ状の開口にすることで、玄関に広がりを持たせました。

  • キッチンに立っていても家族とのコミュニケーションがしっかりとれる。

  • カウンターに座ってカフェ気分。

『自分らしい暮らし』

空間が狭かったり、マンションの規定でフローリングが禁止だったりと限られた中でのリノベーションではありましたが、だからこそ細部にこだわりを持った空間を、お客様と一緒に作り上げていきました。S様ご夫婦からも「最終的にすごく良いものができました。みんなで作り上げた住まいを大切に、暮らしていきます。」と喜びのお言葉をいただくことができました。
365リノベでは、ありふれた間取りや空間に満足せず「住まいに合った暮らし」ではない「自分らしい暮らし」をこれからもご提案していきます。

  • 「見せる収納」で手狭さを感じさせない、明るく開放的なキッチン。

  • 曲線的な壁と淡い色合いで優しい雰囲気に。

My Favoriteお気に入り

  • 取り出しやすくておしゃれな「見せる収納」。

  • お手入れのしやすいキッチンだから家事も時短に。

  • 静かな夜を楽しむ特等席。

  • 雰囲気のいい造作洗面台が私のお気に入り。

  • たっぷりしまえるシュークロークも開放的。

Floor Plan間取り図

この事例をもとにリノベの相談

場所:仙台リノベスタジオ

相談予約する

Other Works他のデザイン事例

仙台でリノベーションするなら

仙台でリノベーションをお考えの際は365リノベにお問い合わせください。不動産の提案から定額リノベーション、インテリア提案までトータルでご提供いたします。

仙台のリノベーションなら365リノベ
仙台市のモデルルームを見る

※予告なく終了する場合が場合がございます。

×
仙台のイベント情報:〖5月毎週末開催〗完全予約制モデルOPEN見学会
×