2018.04.23

リノベーションだけでは叶わない 理想を叶えるインテリアの重要性

リノベーション インテリア 重要性
中古マンションや戸建て住宅をリノベーションして住む傾向は年々増加しています。「リノベーションをすれば理想の住まいが手に入る」そう考えている人は少なくなと思います。もちろん断熱や耐震性、キッチンやお風呂としった住宅設備機器は新しくなり、生活スタイルに合った間取りが実現することは嘘ではありません。ただそれだけではなく、リノベーションを考えている方の多くは、どんな空間にするか、どんなテイストにするかといった、デザインも叶えたいと考えているのではないでしょうか。

理想の空間を実現させるとき、リノベーションだけでは叶いにくい。
リノベーションした空間と、そこに入るインテリアを同時に考えていくことが、理想の住まいを手に入れるために重要になってきます。

今回はその理由とポイントについて、リノベーション事例を交えながら案内していきます。

リノベーションとインテリアは別物

リノベーションを考え始めたとき、住宅雑誌をみたりインターネットで理想の住宅を調べたりする方は多いと思います。
機能面やリノベーション会社の情報を調べるのはもちろんですが、理想のイメージを膨らませるためにたくさんの画像を見る方も多いのではないでしょうか。

リノベーションとインテリア
一般的にリノベーション会社では、お客様のご要望や生活スタイルを伺い、伺った内容からもっともよいプランをご提案し、工事をして、お引き渡すことまでが仕事になっています。
ホームページなどの事例を見ると、必ず家具がセッティングしてあります。何故かというと、なにも入っていない写真では、空間が引き立たず、生活のイメージが膨らまないからです。もちろん、プランをご提案するときの図面やパースにも家具やインテリアまでが入っています。

しかしながら、実際に家具やインテリアまで一緒にご提案し、提供できるリノベーション会社は少ないのが現実です。

昔から、建築は建築屋、家具は家具やといった流れがあったために、本来同じ空間に入るものでありながら、絡み合わない別々の職業として発展してきました。その為、リノベーションを考えるときは、どんな家具を買うか、実際に丁度良いサイズなのか、デザインがぴったりと合うのかということを個人的に勉強し、探して、購入しなければなりません。

その為、リノベーションした家に家具を入れてみると、大きすぎたり、コンセントを隠してしまったり、なんとなくイメージと違ったりといった不具合が出てくることが良くあります。

折角理想の暮らしを手に入れるために始めたリノベーションなのに、最後のインテリアで失敗してしまうのは、本当にもったいないことです。そういった不具合を解消するために、最近では、リノベーション会社が家具まで一緒に提案する流れが強くなってきています。さらにはインテリアショップがリノベーションを手掛ける、といったケースも増えてきました。

今まで全く別だったリノベーションと家具・インテリアを一緒に進めていくことが増えてきたことで、理想の住まいが手に入りやすくなっています。
もちろん、仙台でリノベーションを行う365リノベでも、住まい手にぴったりと合った空間と家具をプランニングの時点からご提案することで、自分らしい暮らしを実現していただけるようサポートしています。

家具で部屋のイメージは大きく変わる

では、本当に家具で空間の雰囲気が変わるのか。
床や壁の色が決まっていれば、ある程度どんな家具でも雰囲気が変わらないのではと考えている方も多いと思います。
では、3Dでつくったイメージ画像を見ながら、空間と家具の関係性を見てみましょう。

まずは床・壁・天井にまったく同じ仕上げ材をつかった空間を用意しました。
床はメープル材。壁と天井も一般的な白いものを使っています。

[A]のリノベーションプランには床と同メープル材を使用したダイニングテーブルに白やグレーなどのカジュアルな雰囲気のチェアを組み合わせています。照明にはデザイン性の高い照明器具を設置し、メリハリのあるカジュアルな空間に仕上げています。

一方[B]のリノベーションプランには、メープル材とベージュをメインカラーに、全体的に同系色でまとめ、ラグに優しいグリーンを使用することで、ナチュラルで優しい空間に仕上げています。
家具で変わる リノベーションプラン
家具で変わる リノベーションプラン
[A]はデザイン性が高くメリハリのある若々しい空間に仕上がり、一方[B]はナチュラルで柔らかく、若干和の雰囲気もある空間になります。

インテリア 家具で雰囲気が変わる プラン

画像でみると一目瞭然ですが、これは本来簡単にわかることです。
季節によってラグを変えたり、模様替えの時に家具だけ変えたことがある方は多いのではないでしょうか。それと同じことで、部屋の中のインテリアを変えるだけで空間のイメージは大きく変わります。

では次の章では、リノベーションとインテリアについてもう少し詳しく書いていきます。

イメージだけじゃない 機能も兼ね備えたインテリア提案

家具・インテリアで部屋のイメージが大きく変わることは実感していただけたと思います。
ではリノベーションとインテリアを一緒にご提案することで叶う、機能の面に関してご説明していきます。

まずは、冒頭でも書かせていただいたサイズについて。
一般的なインテリアショップでは、「何帖位ですか?」といった広さをもとに家具のサイズを決めていくことが良くあります。ダイニングテーブルを置くスペースが4.5帖なら何センチくらいのダイニングセットが置けるだろうといった具合になります。しかし、実際には、ダイニングテーブルの後ろに食器棚が合ったり、よく通るドアが合ったり、キッチンへ行き来するための通路になっていたりと、他の部屋や周辺の家具まで踏まえてはくれません。
もちろんそんな家具屋さんばかりではありませんが、理想を叶えてくれる家具屋さんに巡り合うのはなかなか難しいのが事実です。
リノベーション 家具のサイズ 間取り

リノベーションと家具を同時にご提案することで、このようなサイズの問題はすぐに解消できます。
住宅を設計するプロだからこそ、その空間の中で住まい手がどんなふうに動くのかを十分理解しています。

同じくサイズの面で不具合になってくるのが、○○人家族だからダイニングテーブルは幅○○cm×奥行○○cmといったサイズの考え方です。
もちろん家族が十分ゆとりをもって食事ができるサイズであることがダイニングテーブルに求められる機能ですが、現代では、様々な生活スタイルに合わせてダイニングテーブルに求められる役割は変わってきています。
家具 大きさ リノベーション

例えばハンドメイドでモノづくりをすのが趣味の方が家族にいれば、ダイニングテーブルが作業台に代わります。お子様がいるご家庭では、夕食の準備をしているとき、ダイニングテーブルで勉強をすることも良くあります。
そういったとき、食事だけを考えたサイズでテーブルを選定してしまうと、小さすぎたという話もよく聞きます。

上記の話はサイズだけではなく、仕上げにも関わってきます。レトロな雰囲気の家具が好きでも、天板に凹凸が合ったり、ざらついていては、書き物をするときに不便になりがちです。

次に照明の話をしていきます。
インテリアショップでとても気に入ったペンダントライトを見つけて購入したとします。実際にダイニングテーブル上につるしてみたら、微妙に位置が合わず、テーブルの中心に来ないことが良くあります。照明の明るさが足りなかったり、逆に眩しすぎるといったことも起きがちです。
リノベーションと同時にインテリアショップで販売さえれているような照明がご提案できることで、空間を引き立たせるだけではなく、機能面でもぴったりと合ったものを選ぶことが出来ます。

こういったことは冒頭で書いたコンセントの位置などを含め、数多く存在します。
インテリアというとどうしてもデザインや雰囲気の面だけと考えがちですが、快適な暮らしを手に入れる上では機能面でも重要な役割を持っていると言えます。

リノベーションと家具・インテリアを同時にご提案していける住まい設計のプロがいる365リノベなら、理想の暮らしを手に入れやすくなっています。

リノベーション+インテリア実例

最後に、リノベーション+インテリアを同時にプランニングした実例を紹介していきます。

カフェテイストの実例

まずはゆったりとした時間が流れるカフェテイストの実例です。
友人を呼んでパーティをしたり、趣味のハンドメイドを楽しめるよう、家で過ごす時間を、目いっぱい楽しめるような空間になります。

リノベーションではサブウェイタイルとパーティシンクを備えたカウンターに加え、アイアンの吊り棚で好きな食器やハンドメイドの食品を飾りながら楽しめる様設計しています。家具では、使っていく毎に味わいが増す無垢材の大きなサイズのテーブルが、趣味にも、友人を招いてのホームパーティにも活躍します。
取り囲む形も色も異なるチェアは、友人の中でお気に入りを見つけてもらえればと考えてのものです。
カフェ 事例 リノベーション
カフェ 実例 インテリア リノベーション

フレンチテイストの実例

次にフレンチテイストの実例です。
パリのアパルトマンの様なネイビーの壁が印象的な空間は、一人暮らしの女性が自分だけの空間として暮らすことをイメージしてデザインされています。一見強すぎるように見えるネイビーの壁に対して、使いこまれた風合いの白い家具が、優しい女性的な印象を強めるように組み合わせています。ほとんど1人で使用するダイニングは、コンパクトながらちょっとした書き物が出来る様コンパクトなサイズを選定しています。テーブルとおそろいのキャビネットも、細かなものが多い女性が快適にすごせるように設置しています。
ネイビーと家具と窓装飾の白が調和したリノベーションに仕上がっています。

フレンチテイスト 実例 ダイニング

フレンチテイスト 寝室 インテリア リノベーション

フレンチテイスト 実例 インテリア

家具は住まい設計に重要な要素

いくつかリノベーション事例を交えて書いてきましたが、本当に理想の住まいを手に入れるためには、リノベーションとインテリアの両方が無くてはならないことがお伝えできたでしょうか。

仙台でリノベーションを行う365リノベでは、定額制の中で家具まで一緒にご提案していきます。
リノベーションを考えるときは、家具やインテリアまで、合わせて提案できる会社かどうかも、大切になってきます。

関連記事

 
リノベーション進行中
仙台市のモデルルームをみる
モデルルーム見学随時受付中!
宮城県仙台市若林区清水小路

インダストリアルテイストのモデルルーム誕生!

モデルルームの見学予約はこちら

365リノベにインダストリアルテイストのモデルルーム誕生!

モデルルームの見学予約はこちら