リノベの教科書Textbook of renovation
事例・実例
2017.07.24

【事例】間取と収納を兼ね備えたマンションリノベーションin仙台

shunorinobe-top-1200x630

最近話題になっているマンションリノベーションで自分らしい暮らしをするという選択。とはいうものの実家が一戸建てだった私は “マンションの利便性は良いけど収納があまりなくて狭そう”という勝手なイメージをもっています。

わたしのイメージの真偽を確かめるべく、大容量の収納と使いやすい動線・間取りをすべて実現させたというI様邸にお伺いしてきました。

さて、マンションに対する印象はどう変わるのでしょうか。

リノベーションのきっかけ

今回伺ったI様のお家は、約30年住んでいるというマンション。定年を間近に控え、古くなった住まいをきれいにすると共に、老後を有意義なものに出来るよう自分の好きなものに囲まれて生活をしたいとI様は考え、リノベーションをしたと教えてくれました。

shunorinobe-1

特に気になっていたのは部屋の暗さと収納。確かにこの写真を見ると、昼間でもあまり明るくなさそうです。また、母娘3世代で暮らしていることもあって物は多いのに収納量は少なく、かなり困っていたそうです。

そんな時に訪れたオノヤで見た施工事例が自分のイメージと合っていたこと、担当者の対応が安心でき、色々相談できそうだったことから依頼を決意し、工事が始まりました。

デザインのコンセプト

「癒しの空間」をコンセプトに雰囲気に合う家具を提案してもらい、それに合わせて部屋の仕様を決めていったそうです。部屋の仕様→家具が一般的ですが、先に家具をきめることで、家具と内装の雰囲気が喧嘩することなく仕上がりますね。
このブラックチェリーのフローリングと緑のラグの組み合わせは、なじみやすいけど飽きが来ない、しかもおしゃれに見えるとっても相性が良い組み合わせです。

「長く良いものを使いたい」というI様の思いに沿うよう、床は経年美化を楽しめるフローリング材、壁は珪藻土を選定しました。

shunorinobe-2

リビングの照明もこのお家のポイントになっていますね。

一般的にリビングには天井付のシーリングライトかダウンライトを全面的に配置することが多いですが、ペンダントライトとスポットライトを部屋の中央に、周囲にダウンライトを配置しています。こうすることで、落ち着いた雰囲気がでて、ゆっくり過ごせそうですね。

shunorinobe-3

TV背面壁上部の間接照明もキレイです。直接床面や手元に光をあてて明るさを確保するのではなく、壁の反射や周りからぼんやりと明るさを取り入れるようにしていますね。

部屋の雰囲気を壊さないよう、色は全てオレンジ色の光が優しく広がる暖色電球になっています。一方、キッチンは雰囲気を変えて可愛らしくもすっきりした印象に。長時間料理をすることが多く、長く居ても飽きないキッチンが良いと伝えた所、正面にタイルを貼る提案をしてもらったそうです。

上部カウンターのタイル仕上げや調理器具をかけるアイアン風の金物も提案してもらったそうで、カフェ風の雰囲気も取り入れた、立つのが楽しくなるキッチンに仕上がっています。

shunorinobe-4

使いやすい間取りと収納

お悩みだった収納問題と使いやすい動線を同時に解決させたのが、リビングのTVボード背面に設けた大容量の収納です。
オープンタイプと扉付きタイプの両方を設置したことで、隠したい物と日常でよく使うものの分別が出来るようになっています。

また、この収納が部屋を区切る役目も担っていて、ひとつの空間でありながら、生活空間+収納+動線の3つを同時に叶えたLDKになっています。

shunorinobe-5

もう一つ意識した動線が、リビング脇の寝室と書斎までの繋がりです。
90代のおばあちゃんの存在がいつでも感じられるよう、可動式のパーテーションや大きく開口出来る3枚の引き戸を採用したそうです。夜などもトイレに移動するのにお互いが気を使うことなく移動できるメリットもあります。

shunorinobe-6

実は、このプランができるまでには担当者もだいぶ頭を悩ませたそうです。なかなかまとまらず、それならいっそ部屋の間仕切りと収納を兼用できるようにすれば良いと思いついたのがきっかけだったと伺いました。

要望を一度に叶えることができ、尚且つ生活スタイルの違う3人がお互いを気遣いつつもストレスなく過ごせる、これ以上無いお家になったのではないでしょうか。住んでいる人に合わせた住まいがつくれる、リノベーションならではの良さを感じることができました。

仙台でリノベーションするなら

大容量の収納と使いやすい動線が叶い、家族にぴったりの住まいを手にいれたI様。「これからライフスタイルの確立とともに部屋を創っていきたい」と話されていたのが印象的でした。収納が少ない、使いにくいという悩みも、やり方次第でここまで変えられるのですね。部屋を区切りすぎなかったことで、狭さも感じませんでした。

マンションリノベーションの可能性を感じた今回の取材でした。とことん欲張ったリノベーションが出来そうですね!

そして、そんな欲張りリノベーションを叶えられる365リノベのモデルルームへ来てみませんか?理想の空間を叶えるヒントが必ず見つかるはず。ぜひ一度お越しください!【365リノベ モデルルームはこちらから

もっと事例を見たい方は

365リノベでは5つのテイストを用意しており、お客さまへ提供しています。自分らしい暮らしをかなえたリノベーションの先輩たちの事例を当サイトに掲載しております。あなたのリノベーションの参考になれば幸いです。


365リノベの事例一覧はこちらから

関連記事

 
リノベーション進行中
仙台市のモデルルームをみる
モデルルーム見学随時受付中!
宮城県仙台市若林区清水小路

インダストリアルテイストのモデルルーム誕生!

モデルルームの見学予約はこちら

365リノベにインダストリアルテイストのモデルルーム誕生!

モデルルームの見学予約はこちら